2016年01月06日

木造構造で家づくりをお考えの方

準備中です

MAMA HOUSE

ママハウス
本当にママたちが望む「住まい」を考え、女性の力が輝き、住まいだけでなく子育ても考え抜かれたママハウスをカタチにしました。


家族の笑顔と絆をつくる家づくり育児や家事、仕事に、毎日毎日家族のために頑張っているママたち。
「家族のことも大切ですが、母親として、妻としての自分も大切にしながら、HAPPYな生活できるように…、家づくりという人生の中でも重要なイベントにかかわるうえで、もっとお客さまの役に立ちたい」。
ご自身も子育てをしながら働く女性スタッフの、そんな想いからスタートしたのが「MAMA LABO プロジェクト」です。
まずは、将来家づくりを考えているママさんを募集し、7組のママさんたちの参加による座談会を実施。
現在住んでいる家の不満・困りごとや、理想の住まい像を伺い、プランニングを進めていきました。

「LDを見渡せるキッチン」「水遊びや洗車に使える立水栓」「洗面脱衣室に家事コーナー」
「玄関から近い位置のトイレ」「洗濯物が丸見えにならないバルコニーのルーバー」など…。
実際に生活する人の視点からの要望を次々に出していただけたことで、充実したプランが完成しました。
実際にカタチになった「MAMA LABO」コンセプトハウスは見学に来られるお客さまにも好評で、実際には1組のお客様に気に入っていただき、同じプランの家を建てられました。
ママハウスは、一方的な提案ではなく、実際にお客さまが思い描いている「等身大の理想」がカタチになったプランです。


ずっと、住み続けられるスタンダードなデザイン




ポイント 特徴

自然の力とゆとりの設計により確保した家造り


POINT 01 家事楽な動線
日々、育児や家事をしているママさんたちの目線で考えられた動線は、家事も生活もしやすく効率的。

POINT 02 たっぷりの収納
リビングや玄関、随所にある隙間をうまく活用し、使う場所の近くにしまう場所を確保。

POINT 03 スタンダードなデザイン
無垢材や紙クロスなどを使用した内装は、体にやさしく、ナチュラルで飽きのこないスタンダードデザイン。

POINT 04 全熱交換換気システム
室内と室外の空気の温度90%まで熱交換し、換気するシステムは、光熱費削減に高い効果があります。

POINT 05 長期優良住宅
省エネルギー基準4を標準。


プラン紹介

ママの想いをカタチにした家。ママたちが使いやすい理想の家の間取りをカタチにしました。

1F間取り
1F

2F間取り
2F

smart0

スマートゼロ
太陽光発電や蓄電池などの設備機器に囲まれた家造りでなく、自然の力とゆとりを設計により確保した家造り。


スマートゼロとは?ゼロエネルギー住宅Co2を25%削減という国際公約から日本はその実現に向かい大きく動き出しました。
国交省を中心に日本の住宅施策は住宅の断熱性の向上には大きく補助金を出すなど、長期優良住宅とも絡めながら本気で変わろうとしています。
2020年には省エネ基準は、次世代基準の4等級が義務付けられることとなりました。
それに呼応して、日本の住宅会社は家庭で電気を発電しながら節電を行うスマートハウスに取り組みが進められました。
そして、あの3.11の大震災。
それを機に一般消費者からも省エネに関して、より注目が集まるようになりました。
住宅建築に携わる者として、この流れをさらに加速化させ、ゼロエネルギー住宅を実現させることが我々の義務であると考えました。


スマートゼロとは?ゼロエネルギー住宅




ポイント 特徴


自然の力とゆとりの設計により確保した家造り

ポイント 特徴人に代わって家がエコしてくれるシンプルでコンパクトな設計をし太陽光発電により蓄電池などを搭載して電力エネルギーの創蓄をしつつ
HEMSにより電気使用量を把握しながら
機器制御をおこない、
自動的に電気エネルギーの
使用量を最適化する住宅と定義しています。


ゼロエネルギー住宅を実現するためにKiya Styleが考えること

POINT 01 基本の断熱性能を上げる
セルロースファイバーを採用。熱伝導率も0.037w/m.kと高性能。壁100ミリ天井160ミリにより、次世代省エネ基準を超えるトップクラスの断熱性を実現しました。また、同時に気密性も確保しC値1.9以下を実現します。

POINT 02 世界トップクラスの温度交換率90%を実現
全熱交換型24時間第一種換気システムを採用。外気を室温に近づけて給気をするため、冬は暖かく、夏は涼しい、室温に近い温度で給気されるので冷暖房費の節約にもなります。(第2・3種換気に比べ一年間で約26,500円お得)また、外気洗浄フィルターにより、花粉もカットしてくれます。(Q値は0.3程度のダウンが見込まれます)

POINT 03 高断熱な玄関ドア
熱貫流率0.943w/㎡kの高性能の玄関ドアを採用。

POINT 04 高断熱でスリムで美しいサッシサーモスⅡ‐Hを標準採用
高断熱なサッシとガラスの採用によりエネルギーロスを最小限に抑えます。
この地域に吹く風のデータを基に通風シュミレーションを実施。地窓やトップライト縦すべり窓などの採用により、家の中の風の流れを最適化されます。

POINT 05 ルーバーやシェードの採用
ルーバーやタ―プを上手く使いながら、夏は日射を遮り、冬は日射を取り込みプライバシーにも配慮。春や秋や夏の夜には積極的に外気を取り込みます。大きな窓にルーバーを採用することにより、採風・採光だけでなく、プライバシーの確保にも役立ちます。

POINT 06 高効率の設備、高効率エアコン・LED照明を採用
高効率エコキュートの採用。大気熱を集めて、その熱でお湯を沸かします。
家庭用で使う消費電力はエアコン25%、照明16%と言われています。高効率のエアコンを使えば、高い省エネ効果となります。また、冷蔵庫なども省エネ家電を推奨しています。

POINT 07 保温浴槽・節水トイレの採用
水まわりも省エネに配慮した設備をセレクト。光熱費が節約できる保温浴槽や節水トイレなどを採用し、エコロジーでエコノミーな機器採用をしました。

POINT08 長期優良住宅を標準化
キヤスタイルの木造住宅では長期優良住宅を標準化。省エネ基準は4を標準としています。構造は軸組みハイベストウッド工法を採用し、軸組み工法の柱・梁で持たせる構造だけでなく、2×4のように面で持たせる両方の構造を取り入れた構造で、吹抜けや広いLDKなどを実現しました。断熱はセルロースファイバーを標準採用しています。


プラン紹介
太陽光発電や蓄電池などの設備機器に囲まれた家造りでなく、その設備機器を隠しながら、自然の力とゆとりを設計により確保した家造り。


2016年01月03日

「Kiya Style」について

家族の笑顔と絆をつくる家づくり
テーマは「とっておきの我が家へようこそ」。これが私たちの家づくりのテーマです。人とは少し違った自分たちだけのこだわりのONLY ONEの家づくりです。お客様を招いたときに「とっておきの我が家へようこそ」そう自慢できる家づくりをお客様とコラボレーションしてつくりあげます。

Kiya Styleが目指すのは、お客様、社会(地域・国・地球)、自社のすべてが幸せになる家づくり

まず何よりお客様の幸せを考えるのは当然ですが、それだけではなく、社会にとっても価値のある住宅をつくっていきたいのです。なぜなら、住宅はとても寿命の長い商品であり、そのあり方は、地域や日本、そして地球にも影響を与えるからです。

たとえば1981年以前に建てられた旧耐震基準の建物の耐震性が低いことで、阪神淡路大震災などの大きな災害が起きてしまいました。また、今建っているほとんどの住宅の断熱性能が悪いことでヒートショックなどの問題が発生し、エネルギー消費量も多くなっています。

私たちは、将来的に私たちが提供した住宅でこうした問題が起きてしまうことがとても残念であり、できる限りそんな後悔をしたくないのです。さらに、それだけ重要な仕事に携わっている私たちとして、その家づくりに誇りを持ち、充実した仕事ができる会社のあり方を目指したいですし、キヤスタイルで建てていただいたお客様と住まいをずっと大切にしていくために、持続可能で健全な経営を行うことがとても重要な姿勢であると考えます。

こだわりのデザインと設計施工の一貫性
こだわりのデザインと設計施工の一貫性
デザイン性の高い住宅であれば、設計事務所に頼みたいけれど「コストが心配」「敷居が高そう」といった心配があります。私たちは設計から施工までをすべて自社で一貫して行います。ですから、一般的な設計事務所というより、設計事務所が直接施工にも携わるというスタイルです。

最初のお打ち合わせからお引き渡しまでの家づくりにおける不安をその都度取り除くことができ、安心して家づくりを進めていただけます。

お客様の想いを建築士にダイレクトに伝える
キヤスタイルでは、建築士の資格を持った設計担当者が、はじめから直接お客様にお話を伺いながら家づくりを進めています。キヤスタイルには営業マンがいないため「自分たちの家づくりの想いが設計士に伝わらない」ということがありません。雑誌やイメージ画像などをご覧いただき、お話ししながらイメージを共有し、プランに反映していきます。また、資金計画や住宅ローンのアドバイスもさせていただいています。

構造や断熱などの基本構造にこだわる
キヤスタイルでは、木造(在来工法)などの一般的なすべての構造の設計施工を行っており、高い施工技術に自信を持っています。

コストにこだわりたい方には木造住宅をおすすめしています。木造住宅でも断熱性や気密性にこだわっているので、イニシャルコストの費用はアップしますが、その分ランニングコスト(光熱費)が抑えられます。「キヤスタイルで建ててよかった」と言っていただけるような家づくりを目指しています。

強くてちょっとかっこいい

強くてちょっとかっこいい

  • ちょっとかっこいい
    住みやすくシンプルにデザインされた住宅
  • 見えないところもデザインする
    風の入り方や日当たりも考慮
ちょっとかっこいい

私たちのつくるデザイン住宅は有名設計事務所がデザインするような尖ったものではなく、ご家族のライフスタイルに合わせて、住みやすくシンプルにデザインされた住宅です。
巷ではデザインにこだわるあまり、構造に負担のかかるようなデザイン住宅も目にします。
Kiya Styleでは無理のない、家本来の目的である「家族の命を守る器」という本質的な部分を大切にしています。

見えないところもデザインする

家を建てる地域によって風向きは異なり、土地によって日当りが異なります。
風の入り方や日当たりも考慮し、設計に反映させていきます。
また、見えない細かな部分としては気密工事(木造住宅)を標準としています。
建築士の資格をもった設計士と工事担当が密接に関わりあい、住み心地良い快適な住まいをご提供します。

大切なお金の話

大切なお金の話

  • 住宅ローンについて
    家づくりは住宅ローンの資金セミナーから
  • 生涯コストを考えた家づくり
    光熱費を抑えるお得な住宅
point01

私たちのつくる家は決して安くありません。
そのために、しっかりと住宅ローンの勉強をしてから家づくりをしていただいています。

住宅ローンについて家づくりに係るファイナンシャルプランのシミュレーションをさせていただいております。私たちが大切にしているのは、お客様が家を建てた後、その家を中心にどんな生活が実現できるかです。

住宅ローンの勉強をしても、住宅ローンは借りられる金額を知ることが出来るだけで、自分たちがどんなライフスタイルで人生を楽しむかは加味されません。

住宅ローンの借りられる金額は年収などによって決まるので同じ住宅ローンの商品をお選びいただくと、お子様が1人の家庭も2人の家庭も3人の家庭も同じなのです。

例えば、お子様の進路は、幼稚園?保育園?小学校・中学校・高校は公立か私立か?
大学も公立か私立か?また、文系か理系か?
また、車は何年に一度買い替える?予算は?海外旅行は?

普段の生活費や月々の医療保険代などご家族様のライフスタイルにより生涯の支出は変わってきます。

そして、自分たちの生涯収入が一体いくらなのかを給料・退職金・年金などから算出し、その収支をしっかりと把握した上で、住宅価格(予算)を決めることが大切なのです。

住宅ローン
photo家づくりをする上で、お金の事は誰もが心配なお話です。
住宅価格も大切ですが、それ以上に大切なのが住宅ローンの選び方です。。
住宅ローンの選び方だけで生涯に支払う住宅ローンの金額が300万円。。
それ以上変わるということが実際にあります。。
住宅会会社選びも大切ですが、それ以上に大切なのが住宅ローン選びなのです。。

イニシャルコストvsランニングコスト
photoKiya Styleの家づくりは一言で言うと「住んだ後、元が取れる家づくり。」
最初は良い構造や材料を使って多少お金はかかるけど、月々の光熱費やメンテナンス代が少なくて済む。
そんな「生涯コストを考えた家づくり」をしています。

家づくりにおいて、大切なお金の事は切っても切り離すことができません。
まずは、資金計画セミナーにご参加いただき、一緒に勉強しましょう。

point02

住宅によって、住んでからの光熱費に差が出ることをご存知でしょうか?

生涯コストを考えた家づくりはじめての家づくり。
建物の費用だけに目が行きがちですが、建物の費用を抑えたとしても、光熱費にお金がかかるような家は良い家だと言えるでしょうか?
私たちは、建物費用だけでなく、光熱費を含めた生涯コストが重要だと考えます。

Kiya Styleでは、必要のないエネルギーを機械で作るのではなく、敷地に合わせ、太陽熱や風、熱といった自然エネルギーを活用した家づくりをしています。
ですので、夏は涼しく冬は暖かい家になり、健康で快適に生活出来ます。
そして、省エネ=光熱費削減にもつながります。

以前は、家を建てる前に光熱費を把握することは、不可能でした。
しかし、今Kiya Styleは、家を建てる前に1棟1棟光熱費シミュレーションが可能です。
1度きりの家づくりが、これから何十年も続く生活の基盤となるのです。
マイホームを建てる前に、イニシャルコストとランニングコストをトータルで把握できると安心ですね。

断熱費等・光熱費

上記の表からもわかるように、パッシブデザイン住宅は、設計手法だけでなく家の性能も上げることが必要になります。ですので、建築費用は一般住宅よりはUPします。
つまり、初期投資が増えるというわけです。
しかし、長い目で考えた時、快適に暮らすことができ、光熱費を抑えることが出来る住宅の方がお得だと思いませんか?

ただ、良い家だからと言って、資金的に無理な家づくりをお勧めしても本末転倒です。
まずは、しっかりと資金計画をさせていただき、家づくりにおけるライフシミュレーションを行った上でのご提案をさせていただきます。
「生涯コストを考えた家づくり」と「笑顔で末永く健康に暮らせるマイホーム」をKiya Styleはご提供しています。

地域とともに

地域とともに

Kiya Styleは、住まい手のお客様はもちろん、ご近所の方々とも積極的な継がりを育めるよう、社員一丸となって取り組んでおります。


施工エリア
ご連絡を受けた際、当社から「約60分以内」に到着できるエリア 岡山市、倉敷市、玉野市、総社市、早島町 に絞って、お住まいを建てさせていただいています。
遠く離れたエリアでは、日常生活で起きた家のトラブルや設備機器の不具合・故障、激しい台風の後などお客様がお困りの際に素早い対応が出来ないためです。
お客様に「安心」をお届けする家づくりを進めて参ります。


現場清掃
社員と協力業者で毎日現場清掃を心がけております。「工事が始まる前より終ったあとの現場を綺麗に」をモットーに近隣の方々にご迷惑をお掛ける事のないよう、最善の努力を行っております。
家が建った後、お客様に気持ちよく生活をしていただきたいため、社員一丸となり取り組んでいます。

アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

10年間の定期点検
私たちは「家づくりは完成した時が本当のお付き合いのはじまり」そう考えています。
当社では、半年、1年、2年、5年、10年まで、無料定期点検を行っております。
定期点検を通して、お子様の成長を見届けるのも私たちの楽しみの一つです。ご訪問の際には当社独自のチェックリストに則りチェックを実施。さらにお客様からのヒアリングをした上で詳細なチェックを行います。もちろん定期点検以外でも何かあれば、電話1本ですぐに駆けつけます。


10年間毎年の瑕疵担保保証
株式会社住宅あんしん保証に登録加盟しており、不具合が生じた場合は、保証内容に従い無料で補修されることになります。
また、建物の主要構造部分及び雨漏りにつきましては10年間無料で保証させて頂きます。


10年間毎年の瑕疵担保保証
当社での完成保証制度は別途有料でお付けしております。注文住宅は3カ月~半年程度の工期で完成します。
当社は全国で屈指の経営力を持っていますので、よほどの経済事情の変化にも耐えるだけの企業体力があります。
家が完成するまでの半年程度で会社の経営が滞るなどの事態は考えられません。ですから、完成保証をつけてその費用を住宅価格に乗せることはコストアップとなり、お客様の負担も増えますので、必要ないものと考えています。


地域とともに
当社では施工エリアを岡山市、倉敷市、玉野市、総社市、早島町とさせて頂いています。
これは、ただ「遠いから」「経費がかかるから」とういう理由ではありません。
当社ではメンテナンスの事も考慮し、万が一お客様のお宅に不具合が出た時に、すぐに駆け付ける事のできるのは、当社の会社所在地から約1時間と考えます。
お客様との絆を大切にしたい当社ならではのポリシーの一つです。