smart0

スマートゼロ
太陽光発電や蓄電池などの設備機器に囲まれた家造りでなく、自然の力とゆとりを設計により確保した家造り。


スマートゼロとは?ゼロエネルギー住宅Co2を25%削減という国際公約から日本はその実現に向かい大きく動き出しました。
国交省を中心に日本の住宅施策は住宅の断熱性の向上には大きく補助金を出すなど、長期優良住宅とも絡めながら本気で変わろうとしています。
2020年には省エネ基準は、次世代基準の4等級が義務付けられることとなりました。
それに呼応して、日本の住宅会社は家庭で電気を発電しながら節電を行うスマートハウスに取り組みが進められました。
そして、あの3.11の大震災。
それを機に一般消費者からも省エネに関して、より注目が集まるようになりました。
住宅建築に携わる者として、この流れをさらに加速化させ、ゼロエネルギー住宅を実現させることが我々の義務であると考えました。


スマートゼロとは?ゼロエネルギー住宅




ポイント 特徴


自然の力とゆとりの設計により確保した家造り

ポイント 特徴人に代わって家がエコしてくれるシンプルでコンパクトな設計をし太陽光発電により蓄電池などを搭載して電力エネルギーの創蓄をしつつ
HEMSにより電気使用量を把握しながら
機器制御をおこない、
自動的に電気エネルギーの
使用量を最適化する住宅と定義しています。


ゼロエネルギー住宅を実現するためにKiya Styleが考えること

POINT 01 基本の断熱性能を上げる
セルロースファイバーを採用。熱伝導率も0.037w/m.kと高性能。壁100ミリ天井160ミリにより、次世代省エネ基準を超えるトップクラスの断熱性を実現しました。また、同時に気密性も確保しC値1.9以下を実現します。

POINT 02 世界トップクラスの温度交換率90%を実現
全熱交換型24時間第一種換気システムを採用。外気を室温に近づけて給気をするため、冬は暖かく、夏は涼しい、室温に近い温度で給気されるので冷暖房費の節約にもなります。(第2・3種換気に比べ一年間で約26,500円お得)また、外気洗浄フィルターにより、花粉もカットしてくれます。(Q値は0.3程度のダウンが見込まれます)

POINT 03 高断熱な玄関ドア
熱貫流率0.943w/㎡kの高性能の玄関ドアを採用。

POINT 04 高断熱でスリムで美しいサッシサーモスⅡ‐Hを標準採用
高断熱なサッシとガラスの採用によりエネルギーロスを最小限に抑えます。
この地域に吹く風のデータを基に通風シュミレーションを実施。地窓やトップライト縦すべり窓などの採用により、家の中の風の流れを最適化されます。

POINT 05 ルーバーやシェードの採用
ルーバーやタ―プを上手く使いながら、夏は日射を遮り、冬は日射を取り込みプライバシーにも配慮。春や秋や夏の夜には積極的に外気を取り込みます。大きな窓にルーバーを採用することにより、採風・採光だけでなく、プライバシーの確保にも役立ちます。

POINT 06 高効率の設備、高効率エアコン・LED照明を採用
高効率エコキュートの採用。大気熱を集めて、その熱でお湯を沸かします。
家庭用で使う消費電力はエアコン25%、照明16%と言われています。高効率のエアコンを使えば、高い省エネ効果となります。また、冷蔵庫なども省エネ家電を推奨しています。

POINT 07 保温浴槽・節水トイレの採用
水まわりも省エネに配慮した設備をセレクト。光熱費が節約できる保温浴槽や節水トイレなどを採用し、エコロジーでエコノミーな機器採用をしました。

POINT08 長期優良住宅を標準化
キヤスタイルの木造住宅では長期優良住宅を標準化。省エネ基準は4を標準としています。構造は軸組みハイベストウッド工法を採用し、軸組み工法の柱・梁で持たせる構造だけでなく、2×4のように面で持たせる両方の構造を取り入れた構造で、吹抜けや広いLDKなどを実現しました。断熱はセルロースファイバーを標準採用しています。


プラン紹介
太陽光発電や蓄電池などの設備機器に囲まれた家造りでなく、その設備機器を隠しながら、自然の力とゆとりを設計により確保した家造り。


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント