〔大工部門〕「笑顔」で心に残る家創りを 角南棟梁

sunami200.jpg角南 敬次

ものをつくる仕事に就きたい!!という想いから転職して、22の時に大工の道へ。それから14年、家創りに携わる楽しさと幸せを感じながら日々の仕事に励んでいます。大工は『おさめる』のが仕事ですが、見えなくなる所にこそしっかり愛情を注いで、住まう方に作り手の温かみを感じてもらえるような仕事をしていきたいと思っています。

将来の目標は、皆から一目置かれるような大工さん!!・・・ですがまずはそれより何よりお嫁さんが欲しいのが本音です(笑)

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント