TU-HOUSE(2016年2月完成

s-tunouhp_001.jpgTU-HOUSE

2016年2月完成

建築中の柱に書いた
温かく笑顔のあふれる家。

s-tun3.jpg
s-tun4.jpg

1. KIYAとの出会いのきっかけは何ですか?また、私たちの会社の第一印象をお聞かせ下さい。
→出会いのきかっけはデザイナーの三宅さんの義理の弟さんに紹介してもらいました。第一印象は、大きな会社ではないながらも、家づくりに自信をもっている感じがしました。

2. 数ある住宅会社の中からなぜKIYAを選ばれましたか?その理由とストーリーをお聞かせ下さい。他社との違い、決め手になったポイントなどいくつでもお願い致します。
→KIYAさんに出会う前から、他社の見学会に参加していましたが、他社での営業トークが苦手でした。KIYAさんでは、あまり強い営業トークはありませんが、こちらの質問に対しては答えが明確で安心できました。

3. 家づくりで苦労した点はどんな事ですか?
→打ち合せが多く夫婦で時間をあわせるこには苦労しました。また、予算には限りがあるので妥協するところとこだわるところを決めるのに苦労しました。

4. 家づくりで楽しかったこと、印象に残る出来事はどんな事ですか?
→計画段階では、デザイン的なタイル貼りや壁紙を決めるのが楽しかったです。実際に着工してからは自分達の家が日を追うとごとにできていく様子を見るのも夢が現実になっていくようで楽しかったです。また、子供の誕生日にケーキを用意してもらったことはとてもうれしかったです。

5.マイホームの一番のこだわりはどこですか?また住み始めてからの感想もお願い致します!
→コストパフォーマンスを重視したつもりですが、色々なものをグレードアップしたり、良いと思ったものは多少高くても採用したのでトータルとしては最初に考えていたよりも金額的には大きくなりました。その分住み始めてからは快適ですし、何より断熱性能が高く冬でも暖かいです。

6.KIYAへ向けて改善してほしいこと、ご不満などがあれば、率直なご意見をお願い致します。
→実際に着工して、また住み始めて、打ち合わせと違う箇所がいくつかありました。現場監督に相談すれば即座に対応していただいたので良かったですが、もう少し着工後に施主立会もしくは確認があれば良いと思いました。

7.最後はご自由にどうぞ♪(文章でもイラストでもお任せです^^)
→家づくりというものはとっても夢がありワクワクするものですが、人生の中で最も大きな買い物であり、緊張もあり、中々積極的になれない自分がいました。でも少しずつ夢が形となっていき、自分たち家族の未来を描けるようになるにつれて“本当に家を建ててよかった”と思える様になりました。初めてのことで、色々な“決定”に常々不安になっていた私の背中を押してくださったKIYAスタッフの皆様のおかげです。
今では子供たちものびのび生活することができ、その姿を見ながら私もいやされています。建築中の柱に書かせていただいた“温かく笑顔のあふれる家”がずっとずっと続くよう、KIYAの皆様への感謝の気もちを忘れず過ごしていこうと思います。ありがとうございました。

一覧に戻る

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント