倉敷市玉島 O-HOUSE (2005年9月完工)

kiya29.jpgO-HOUSE 延床面積/119.5㎡(36.2坪)+車庫13.8㎡(4.2坪)

【O-HOUSEでのこだわりのポイント】
2Fは吹き抜けを中心に、ご主人の趣味のスペースと寝室、将来は子供部屋として使う予定の居室、短い梯子を登ると、そこは小さいロフト(これは工事が始まり急きょ変更になった場所)、トイレのクロスは背面のみ色を替え、ユニークな仕上がりになってます。こういった”遊び”の要素もふんだんにいれました。やりたいことをすべて聞き出し予算的に厳しいところは、材質、仕様など工夫しました。


【プランニングでのポイント】
O様邸は、玄関を開けるとすぐに現れる、直線に伸びたリビング階段は2Fまで続き晴れた日はここからサンサンと陽の光が差し込みます。また玄関横に設けた収納は外部に向かってガラスブロックを付けることで採光を確保し収納でありながら暗いイメージはありません。外観では無機質なイメージをやわらげるため、インナーガレージの側面に木を使用し、天井部分にスポットライトを設置して、雨の日や夜でも作業ができるように工夫しました。


【仕様・設備へのこだわりのポイント】
内装は外観のスタイリッシュなイメージとはひとあじ違い、リビングの梁や階段といった建具に木材をふんだんに使いナチュラル感をだしました。また室内壁が白色が基調のため、キッチンカウンターやパソコンスペースには濃いブラウン色を使いメリハリをつけ、落ち着いた空間に仕上げました。またバルコニーへの出入口は段差を付けずにフラットのまま出入りが出来るようにしています。


【施主様の喜びの声】
kiya30.jpgもとも住宅に興味があり、住宅の関連の折り込みチラシを見るのが好きでいろいろ集めていました。建設の2年前は、コーポでの暮らしをしていましたが家賃を払い続けることを考えるとマイホームを手にいれた方がいいのではと思いはじめました。

私たちははじめ、ハウスメーカーの住宅展示場に足を運び、情報収集を開始、しかし、しかし、モデルハウスの設備が豪華すぎて、いまいち自分たちのイメージと合いませんでした。”リビング階段”インナーガレージ”玄関脇収納”がある家など自分たちの希望を反映した見積もりを取りました。私たちが家にかける予算ギリギリのプランで、他業者の方と打ち合わせが進み契約寸前の段階で、友達からの紹介で、デザイナーズハウス木屋さんの見学会に足を運びました。正直、「ワンランク上の家」を建てるというキャッチフレーズが信じられなくて、半信半疑で見学会に参加しました。

しかし、「え~~、何でこんな凄い家がこの金額で建てられるの?」と、正直ビックリしました。

それまで、ハウスメーカー数社から見積もりを取っていましたが、デザイナーズハウス木屋さんはそれよりも凄い家を、(後でわかったのですが)適正価格で希望もふんだんに取り入れて建ててくれるのです。高級車1台分ぐらいは違ったのではないかと思います。「設計事務所=高い」と思っていましたがそんなことはありませんでした。

結局、私たちはハウスメーカーで建てるのをやめて、株式会社デザイナーズハウス木屋さんにお願いしましたが、ハッキリ言って満足しています。今では、木屋さんで建築されたお客さんとイベントなどを通じ交流し仲良く楽しく過ごしています。

一覧に戻る

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント